四日市大学 生物学研究所 オフィシャルサイト
プランクトン図鑑
  • HOME »
  • プランクトン図鑑 »
  • 植物プランクトン

植物プランクトン

Acanthoceras zachariasii

【和名:ナガイトマキケイソウ】 細胞は長さ35~100μm,幅40~60μmで,四隅に刺状突起を持つ.細胞はうすく,光学顕微鏡では見えにくい.全国の湖沼に分布する浮遊性種.貧栄養型の指標種.多産すると水道の濾過障害を引き …

Aphanizomenon flos-aquae

【和名:】 幅が4~5.5μmの群体で,最近,大発生する湖沼が増加している.近畿地方に多かったが,三重県,愛知県でも多く見られる.

Arthrospira maxima

【和名:】 規則正しくコイルに巻き,細胞は灰緑色を呈する.浮遊性種.国内で多産した例はほとんどないが,熱帯域では優占種となり「水の華」を形成することが知られる.   

Aulacoseira granulata

【和名: 】 長さ5〜25μmの円筒形.端に細長い刺を持つことで,他と区別できる.点紋は,刺を持つ細胞では長軸に平行するが,他は斜行する.中〜富栄養湖に広く見られる.

Aulacoseira japonica

【和名: 】 長さ10μm前後.Aulacoseira ambiguaの螺旋状の群体と考えられる.ただ,この螺旋状のものは,より富栄養化が進んだ湖沼に多く,優占種となる例もあり,一応種として扱った.

Aulacoseira nipponica

【和名: 】 長さ10~13μmの円筒形.歯状刺は3~4μm.琵琶湖の固有種で,かつてはMelosira solidaとされていた.1980年代までは冬季の代表種であったが,最近では少ない.  

Bacillaria paxillifera

【和名: 】 長さ60~150μm.筏状の群体を形成する.汽水域の代表種であるが,淡水域にも出現する.従来,Bacillaria paradoxaとして扱われてきた.全国的に見られる.

Botryococcus braunii

【和名: 】 細胞は長さ3~10μmの卵円形.細胞は細い糸状の構造で連絡し,密な群体(シノビウム)を形成する.全国の湖沼に出現する.炭化水素(重油成分)を持つ緑藻として注目されている.培養条件がかなり限られる上,成長が遅 …

Caloneis permagna

【和名:】 長さ85~220μm,幅35~55μm.条線は10μm当たり9~12本.中心はほぼ円形.

Ceratium cornutum

【和名:ヌマツノオビムシ】 長さ90~130μm.網目模様を有する.ヨーロッパでは比較的多いが,国内では非常に少ない.

1 2 3 9 »

プランクトン図鑑

環境情報学部
PAGETOP
Copyright © 四日市大学生物学研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.