昨年に続いて今年も田中所長と小川研究員が、北海道の池沼にプランクトン採集の旅に出ました.
簡単に道中記などを報告します.

2017年08月24日(木)

7時半過ぎ横浜を出発して,一応青森まで西進してみたものの,10時ごろから予報通りの雨となった.そのため,昨夏に続いてつがる市周辺のサンプリングは中止となった.それで,黒石のこけし博物館と鹿角の後生掛温泉に寄って日本海側に出ることにした.こけし博物館では田中所長が昨年買い残した木組み細工を買った.一方,なぜ後生掛温泉なのかというと話は3年前にさかのぼらなければならない.私は3年前「かかとのないスニーカー」を買った.いきなり長時間歩くと膝を痛めると説明書にあったので注意していたが,それでも膝が痛くなった.病院に行ったりしたがこれと良くならず,私もいよいよグルコサミンを飲む世代になってしまったか,と悲しくなったまま2年を過ごしていた.ところが,昨年妻の妹に連れて行ってもらった後生掛温泉につかったところ,急に膝が治ってしまったのである.今はもう痛くはないが,この機会にもう一度つかっておこうと思ったわけだ.私はこれを「スプリング・ドック」とよびたい.

ところで雨の具合はどうだったかというと,黒石のこけし博物館あたりから雨が強くなりとなり,道の駅碇ヶ関あたりからは土砂降りとなり,後生掛温泉も土砂降りっだった.それで予定した後生掛温泉から田沢湖の南をまわって秋田市方面へ出る山道は断念して,南下してきた道を逆に戻り,鹿角八幡平ICで東北自動車道に乗った.その高速道路も豪雨のため前が良く見えず,19時,岩手山SAで夕食をとったところで力尽きて,ここで一泊することとなった.(小川記)


これは土湯系(福島)のこけし.田中所長は土湯系が好きだとおっしゃるが,わたしの理解を超えた領域だ.
 

「田中先生,山々が雨に烟って水墨画みたいですよ」「それどころじゃね〜よ,センターラインが良く見えん」
 

「外ではラーメンはほとんど食べない」と豪語していた田中所長だが,先生の今日の夕食は「ラーメン+カレー」だ.ちなみに今日の昼は海鮮焼きそばだった.この調子だと「北海道に来たらラーメンだ」と言いかねない勢いだ.それにしてもラーメンとカレーのセットというものがあるのに驚いた.