四日市大学 生物学研究所 オフィシャルサイト

プランクトン図鑑

  • HOME »
  • プランクトン図鑑

Trichotoria truncata

【和名:ノコギリオニワムシ】 長さ120~160μm.殻の表面が細かな突起で覆われている.後端の2本の趾は細く長い.全国的に分布するが少ない.

Tropodiaptomus oryzanus

【和名:ミナミヒゲナガケンミジンコ】 体長1.3~1.4mm.雄の第1触角の先端から第3節目の指状突起と第5胸脚との形状によって他の種との区別は容易である.北陸,東海地方から北関東地方の池沼で見られるが,少ない.   

Ulnaria ulna

【和名:マルクビハリケイソウ 】 長さ50~600μm.従来Synedra ulnaあるいはFragilaria ulnaとされてきた.全国の河川,湖沼に広く分布する.

Woronichinia naegeliana

【和名:アオコモドキ】 細胞は1.5~6.5μm.群体は50~150μmの球形あるいは変形した楕円形.寒天状基質に包まれて,その外縁により密に細胞が並ぶ.全国に広く分布し,Microcystisと同時に出現する例が多い. …

Xanthidium antilopaeum

【和名: 】 細胞は45~70μm.半細胞は横に広い6角形.長い刺を合計16本持つ.国内では北海道の腐植性水域に見られる.

« 1 15 16 17

プランクトン図鑑

環境情報学部
PAGETOP
Copyright © 四日市大学生物学研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.