「大学教員と読む『夏休み読書会』」(3)3回目の講座が、824()にじばさん三重3階の四日市大学地域トリニティにて開催され、12人の方に受講していただきました。

最終回のこの日は、講師の岩崎祐子経済学部教授が『エビと日本人Ⅱ』(村井吉敬著)を取り上げました。同教授から最初にこの本が書かれた背景やアジアにおけるエビ養殖の実態の説明があり、その後食のグローバル化やフェアトレード(公正貿易)の現状や課題について参加者の皆さんと意見交換を行いました。関連書籍を読まれてから参加された方も多くいらっしゃいました。また参加者のなかの本学卒業生(社会人学生)からは、「ゼミを思い出して楽しく過ごすことが出来ました」との感想がありました。

全3回の読書会に多くのご参加をいただき、ありがとうございました。

まだ暑い日は続きそうですが、もうじき秋。読書の秋には、ぜひ四日市大学の図書館(情報センター)に足をお運びください。