© YokkaichiUniv. ComputerCenter All rights reserved.

Notepad++7.6 インストール手順

コンピュータ教室(Windows10)に入っているフリーのテキストエディタである Notepad++(ノートパッド・プラス・プラス) のインストール手順です.このエディタは開発者に人気のあるプログラマー向けエディタです.自宅PCにインストールする際の参考にしてください.

インストール手順

  1. 事前にダウンロードした「npp.7.6.3.Installer.x64.exe」をダブルクリックして実行します.

    ※このファイルは[インストーラー(学内専用)]ページよりダウンロードできます.
  2.  

  3. 「セキュリティの警告」が表示された場合、[実行]をクリックします.
  4.  

  5. 言語選択画面が表示されます.日本語のまま[OK]をクリックします.
  6.  

  7. セットアップ画面が表示されますので、[次へ]をクリックします.
  8.  

  9. ライセンス契約書を確認して、[同意する]をクリックします.
  10.  

  11. インストール先フォルダを指定(デフォルト状態でOK)して[次へ]をクリックします.
  12.  

  13. インストールするコンポーネントで、以下のオプションを設定して[次へ]をクリックします.
    ・Auto-Updater:チェックオンからチェックオフに変更
    ・Plugins Admin:チェックオンからチェックオフに変更
  14.  

  15. [インストール]をクリックします.
  16.  

  17. インストールが開始されます.
  18.  

  19. “Notepad++ v7.6.3セットアップウィザードは完了しました”のメッセージを確認して[完了]をクリックします.
  20.  

設定

  1. スタートメニューからNotepad++を起動します.


  2.  

  3. メニューから[Settings]-[Preferences]をクリックします.
  4.  

  5. 左メニューから[General]を選択し、[Localizetion]を”日本語”に変更し、[閉じる]をクリックします.

    ※以降、日本語表記となります.
  6.  

  7. メニューから[設定]-[環境設定]をクリックします.
  8.  

  9. 左メニューから[既定のディレクトリ]を選択し、既定ディレクトリを 学生ホームフォルダである”Z:\” とします.
    ※自宅PCの場合は設定する必要はありません.
  10.  

  11. 左メニューから[ファイル履歴]を選択し、[起動時にチェックしない]にチェックし、最大保持数を”0″とします.
  12.  

  13. 左メニューから[自動バックアップ]を選択し、定期的なバックアップのチェックを外し、保存時のバックアップを[単純バックアップ]を選択し、バックアップディレクトリを 学生ホームフォルダである”Z:\” とします.
    ※自宅PCの場合は設定する必要はありません.
  14.  

  15. 左メニューから[マルチインスタンス]を選択し、[常にマルチインスタンスモードとする]を選択して、[閉じる]をクリックします.
  16.  

  17. メニューから[設定]-[スタイル設定]をクリックします.
  18.  

  19. 以下の設定を行い[保存して閉じる]をクリックします.
    ・フォント名:メイリオ
    ・フォントサイズ:10
    ・[フォント名を他のスタイルにも適用]にチェック
    ・[フォントサイズを他のスタイルにも適用]にチェック
  20.  

  21. メニューから[表示]-[制御文字の表示]-[半角スペースとタブを表示]をクリックします.
  22.  

開室情報

4月、5月のコンピュータ教室開室情報を公開しました.…

コンピュータセンター窓口移転について

2019年3月25日(月)より、コンピュータセンター窓口は、現在の情報センター1階から4号館1階に移転します。 …

GIMP2.10インストール手順

コンピュータ教室(Windows10)に入っているフリーの画像編集・加工ソフトウェアである GIMP(ギンプ)のインストール手順です.自宅P…

QGIS3.4 インストール手順

コンピュータ教室(Windows10)の QGIS を Ver.3.4 にバージョンアップしました.QGISはフリーでオープンソースな地図情…

2019年度版「Office365の使い方」

2019年度版の「Office365の使い方」を公開しました. …

ページ上部へ戻る