© YokkaichiUniv. ComputerCenter All rights reserved.

MinGWインストール手順

2019年後学期より新しくなる5202教室(Windows10)には、MinGW(Minimalist GNU for Windows) というネイティブなWindowsアプリケーションを作成する開発環境をインストールします.
MinGWは、フリーのCコンパイラであるgcc(g++)やUNIX系コマンドをWindows版に移植したものです。そのインストール手順を掲載しますので、自宅PCにインストールする際の参考にしてください.

インストール手順

  1. ダウンロードした 「mingw-get-setup.exe」 をダブルクリックします.

    ※このファイルは[インストーラー(学内専用)]ページよりダウンロードできます.
  2.  

  3. インストール画面が表示されます.[Install]ボタンをクリックします.
  4.  

  5. インストールディレクトリの選択画面が表示されます.デフォルト設定のまま[Continue]ボタンをクリックします.
  6.  

  7. ダウンロードが開始されます.
  8.  

  9. [Continue]ボタンがクリックできる状態になったらクリックします.
  10.  

  11. 「MinGW Installation Manager」画面が表示されます.
  12.  

  13. 必要なパッケージを選択します.コンピュータ教室には以下のパッケージをインストールしています.
    該当パッケージをクリックし、表示される[Mark for Installation]をクリックすることで選択となります.
    ・mingw-developer-toolkit-bin
    ・mingw-base-bin
    ・mingw32-gcc-g++-bin
    ・msys-base-bin
     
  14.  

  15. すべての選択が完了した状態.
  16.  

  17. メニューの[Installation]-[Apply Changes]をクリックします.
  18.  

  19. 「OKay to proceed?」 と表示されるので[Apply]をクリックします.
  20.  

  21. 選択したパッケージのダウンロードが始まります.
  22.  

  23. その後、ダウンロードしたデータの解凍が始まります.
  24.  

  25. 終了すると「All changes were applied successfully; you may now close this dialogue.」と表示され、[Close]ボタンがクリックできる状態になるのでクリックします.
  26.  

  27. インストールが完了したパッケージは、以下のように塗りつぶされています.
  28.  

  29. Cドライブに「MinGW」フォルダが作成されていることを確認し、インストール完了です.
  30.  

設定

MinGWをコマンドラインから使うためのPath設定を行います.

  1. 「システムのプロパティ」をコマンドから起動します.
    (Windowsキー + R を押下し、”control sysdm.cpl” を入力後、[OK] をクリック)
  2.  

  3. 「システムのプロパティ」が表示されるので、[詳細設定]タブを選択し、[環境変数]をクリックします.
  4.  

  5. 「環境変数」が表示されるので、「システム環境変数」の「Path」を選択し、[編集]ボタンをクリックします.
  6.  

  7. 「環境変数名の編集」が表示されるので、[新規]ボタンをクリックします.
  8.  

  9. MinGWのbinディレクトリとして、”C:\MinGW\bin\” を入力して[OK]をクリックします.
  10.  

  11. 同様に developer-toolkitのbinディレクトリとして、”C:\MinGW\msys\1.0\bin” を入力して[OK]をクリックします.
  12.  

  13. Pathが正しく設定されたかを確認するため、「コマンドプロンプト」をコマンドから起動します.
    (Windowsキー + R を押下し、”cmd” を入力後、[OK] をクリック)
  14.  

  15. コマンドプロンプトが起動しますので、”gcc -v” または “g++ -v” を入力し、コンパイラのバージョンを表示させることでMinGWのPath設定を確認します.

    ※コンパイラのバージョンが8.2.0と表示されたことが確認できます.
  16.  

  17. 以上でMinGWの設定は終了です.
  18.  

動作確認

サンプルプログラムのコンパイルと実行を行います.

  1. 以下のソースコードをtest.cとし保存.
          #include <stdio.h>
          int main(void) {
              printf ("四日市大学 Hello World\n");
              return 0;
          }
          
  2.  

  3. コマンドプロンプトから、以下のコマンド入力してコンパイル(実行ファイルを生成)します.
    > gcc test.c -o test.exe
  4.  

  5. エラーがないことを確認して、生成された実行ファイル(test.exe)を動かしてみます.
    “四日市大学 Hello World” が表示されることを確認.

    
    > test.exe
    四日市大学 Hello World
          

コンピュータ教室 開室時間延長のお知らせ

下記の期間中は18時までコンピュータ教室を開室します.  2019年12月11日(水)~ 2019年12月24日(火) …

開室情報

11月、12月のコンピュータ教室開室情報を公開しました.…

無線LANエリア拡張(情報センター)

新たに情報センター全館(1階ラーニングコモンズを含む)が無線LANエリアとなりました.ぜひ、ご利用ください. 接続方法等の詳し…

新コンピュータ教室リプレース完了

コンピュータ教室のリプレースが完了しました. 5202教室はHP製デスクトップPCである EliteDesk 800 を40台、6号館2階…

SurfaceGo利用手引

2019年後学期より、SurfaceGoを実習で利用できるようになります. 本ホームページの左メニューにある[システムの利用方法]に[Su…

ページ上部へ戻る