© YokkaichiUniv. ComputerCenter All rights reserved.

暗号化ソフト(アタッシェケース)のインストールと使い方

アタッシェケースはファイルやフォルダをパスワードで保護して内容を見られないようにする暗号化ソフトです.USB メモリーや学外サーバ上にあるオンラインストレージ等に重要なデータを入れる場合は、暗号化する習慣をつけましょう.

インストール手順

  1. 事前にダウンロードした「acts3410.exe」を実行します.

    ※このファイルは[インストーラー(学内専用)]ページよりダウンロードできます.
  2.  

  3. [セットアップに使用する言語の選択]でデフォルト(日本語)のまま[OK]をクリックします.
  4.  

  5. [インストール先の指定]でデフォルト(C:\Program Files(x86)\AttacheCase3)のまま[次へ]をクリックします.
  6.  

  7. [プログラムグループの指定]でデフォルト(アタッシェケース#3)のまま[次へ]をクリックします.
  8.  

  9. [追加タスクの選択]で[デスクトップ上にアイコンを作成する]をチェックオフ、[ファイル拡張子 AttacheCase に *.act を関連付けます。]をチェックオン状態にして[次へ]をクリックします.
  10.  

  11. [インストール準備完了]で[インストール]をクリックします.
  12.  

  13. [アタッシェケース#3セットアップウィザードの完了]でデフォルトのチェック状態のまま[完了]をクリックします.
  14.  

  15. アタッシェケースが起動します.
  16.  

使い方

データの暗号化の手順について説明します.ここでは暗号化ファイルを実行形式(*.exe)ファイルとして出力する方法と、それを復号化する方法について説明します.

暗号化

  1. アタッシェケースを起動します.
  2.  

  3. 左メニューの[暗号化EXE]をクリックします.
  4.  

  5. 暗号化したいデータ(ファイルまたはフォルダ)をアタッシェケースのウインドウにドラッグ&ドロップします.
  6.  

  7. パスワードの入力して[OK]をクリックします.
  8.  

  9. 確認のため再度同じパスワードを入力して[暗号化]をクリックします.
  10.  

  11. [完了]が表示され、実行形式で暗号化されたファイル(*.exe)が作成されます.[OK]をクリックします.
  12.  

復号化

  1. 実行形式で暗号化したファイル(*.exe)をダブルクリックします.
  2.  

  3. パスワードの入力を求められますので、暗号化時に設定したパスワードを入力して[復号/元に戻す]をクリックすると、暗号化されていたファイルが元に戻す処理が開始されます.(これを復号化と呼びます)
  4.  

  5. [完了]が表示され、復号化した元のファイルが作成されます.[終了]をクリックしてアタッシェケースを終了します.
  6.  

学生食堂無線LAN(CTY WiFi)の接続方法が変わりました

学生食堂では、株式会社シー・ティー・ワイのネットワークに接続できる無線LANがご利用いただけますが、この度、この無線LANに接続するための機…

情報教育用システム更新のお知らせ

5201教室のパソコンを更新しました! iMacの更新とクリエーター向けWindowsパソコンの新規導入  従来のiMacパソコンを…

Anacondaインストール手順

2023年後学期より新しくなる5201教室のクリエーター用パソコン(Windows11)には、プログラミング言語「Python(パイソン…

Office365 (Microsoft365) の使い方

2023年度版の「Office365 (Microsoft365) の使い方」を公開しました. ※オンデマンド型遠隔授業ツールとして活…

サイバーセキュリティに関する情報

サイバーセキュリティに関する様々な情報(外部サイト)をまとめました. 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC) 内閣サイバー…

ページ上部へ戻る